映画『進撃の巨人』あらすじ、作品情報

作品情報

タイトル:進撃の巨人 ATTACK ON TITAN
原題:ATTACK ON TITAN
製作年度:2015年
上映時間:98分
製作国:日本
ジャンル:アクション、アドベンチャー、ホラー
監督:樋口真嗣
原作:諫山創
脚本:渡辺雄介、町山智浩
音楽:鷺巣詩郎

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』プロモーション映像

エレン(三浦春馬)

物語の主人公。ミカサとアルミンとは幼馴染。幼いころに父親から何かしらを施され、特殊な能力を持つ。

シキシマ(長谷川博己)

調査兵団の隊長。映画版のオリジナルキャラ。対巨人戦において無類の強さを誇る。

ミカサ(水原希子)

エレンとアルミンの幼馴染。巨人に殺されたと思われていたが助かっており、調査兵団の班長となって帰ってくる。

アルミン(本郷奏多)

エレンとミカサの幼馴染。冷静な判断力と作戦を練る力に長けている。

ジャン(三浦貴大)

調査兵団の仲間。何かとエレンと衝突する。

サシャ(桜庭ななみ)

調査兵団の仲間。食いしん坊。

ハンジ(石原さとみ)

調査兵団の分隊長。巨人の事を研究している。原作同様、変態キャラ。

あらすじ

100年以上前、人間を捕食する巨人が現れ、人類のほとんどが食べられてしまった。生き残った者たちは巨人の侵攻を阻止すべく巨大な壁を3重に作り上げ、壁の内側で暮らしていた。エレン(三浦春馬)やミカサ(水原希子)もそんな中の一人だった。そんなある日、100年壊されなかった壁が巨人によって破壊されてしまう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする