映画一覧

映画『パシフィック・リム』あらすじ・作品情報

 

作品情報

タイトル:パシフィック・リム
原題:PACIFIC RIM
製作年度:2013年
上映時間:131分
製作国:アメリカ
ジャンル:アクション、SF
監督:ギレルモ・デル・トロ
製作総指揮:カラム・グリーン
脚本:トラヴィス・ビーチャム、ギレルモ・デル・トロ
音楽:ラミン・ジャヴァディ

あらすじ

アックスヘッド」がサンフランシスコを襲撃。
これによって人類は一時的に優位に立ったが、怪獣の出現ペースは少しずつ早まっていき、再び人類は劣勢に追いやられていった。
2020年2月、米国アンカレッジを怪獣「ナイフヘッド」が襲撃。
ローリーは兄の死というショックと、脳への負担に耐えて単独でイェーガーを操縦し、ナイフヘッドを撃破することに成功する。
2024年、パイロットを辞めて壁の建造に携わっていたローリーの元にペントコストが現れ、異世界と繋がる深海の割れ目を破壊する計画に参加するよう求める。
パイロットであるローリー・ベケットは、同じくパイロットの兄ヤンシーとともにイェーガーに乗ってこれを迎撃するが、戦闘で機体が大破し、更にヤンシーが戦死する。
世界各国に巨大防護壁を建造する「命の壁計画」によって、徹底した防御策に出ることを決定した。
しかしその壁も怪獣の侵攻の前では全く意味をなさず、危機に瀕していた。
ローリーはペントコストとともに香港のPPDCの基地へ向かい、破棄されていたはずのかつての乗機ジプシー・デンジャーと、そして機体の修復やパイロットの選定を担当する研究者・森マコと出会う。
米国は陸海空軍の総攻撃で6日かけてこれを撃破することに成功するが、その後も別の怪獣が次々と出現し太平洋沿岸都市を襲うようになったため、沿岸諸国は環太平洋防衛軍 を設立し、怪獣迎撃用の巨人兵器イェーガーを建造
マコは研究者でありながら戦闘能力も高く、イェーガーの搭乗者に選ばれてもおかしくないほどだったが、過去のトラウマを知るペントコストから搭乗を止められていた。
彼女とペアを組みたいとペントコストに進言し、それを受けて実験的にローリーとマコを組ませて操縦テストが行われた。
しかし、ローリーのパートナーを別の人間にすることを決める。
2025年1月、香港を、初の2体同時出現にして過去最大級・カテゴリー4の怪獣「オオタチと「レザーバック」が襲撃する。
そこで待機していたローリーとマコが回路がアナログ式のため電磁衝撃波の影響を受けないジプシー・デンジャーで出撃。
しかし喜ぶ間もなく、巨大なカテゴリー4の怪獣2体「ライジュウ」「スカナー」が出現。
ゲートを破壊するための核兵器はストライカー・エウレカが使ってしまったため、ローリーたちはジプシー・デンジャーの原子炉を爆発させることにするが、手動で起爆しなければならず、ローリーは先にマコを脱出させて起爆スイッチを入れ、脱出ポッドに乗り込む。
ペントコストは、残る2体のイェーガーで割れ目の破壊作戦を実行することを決断し、負傷したハークのハークの息子のチャックとペアで出撃する。
また怪獣の死骸を調査した結果、割れ目を通り抜ける事ができるのは怪獣のみで機械や兵器などは不通であると判明した。
ジプシー・デンジャーは右腕と右脚を損壊したもののライジュウの撃破に成功。
一方のストライカー・エウレカはスラターンとの格闘で深刻なダメージを負ったため、ジプシー・デンジャーの道を切り開くべく、割れ目の破壊用に搭載されていた核爆弾を使用し、残る2体を巻き添えに自爆する。
スラターンは自爆攻撃にも耐え再び襲いかかるがジプシー・デンジャーはそれを倒し、スラターンの死骸を利用し異世界へと繋がる割れ目へと飛び込む。

登場人物

テンドー・チョイ

演:クリフトン・コリンズ・Jr

環太平洋防衛軍の管制官。蝶ネクタイがトレードマーク。

森マコ

演:菊地凛子

イェーガーの研究者でありながら高い身体能力によりイェーガー『ジプシー・デンジャー』のパイロットになる。
幼いころに怪獣に襲われ両親を亡くし、その時スタッカーに助けられ共に暮らすようになる。

ハーマン・ゴットリーブ

演:バーン・ゴーマン

環太平洋防衛軍に所属する数学者。怪獣の出現間隔が短くなっていることを計算によって解明し、次に出現する日時を割り出す。

ローリー・ベケット

演:チャーリー・ハナム

物語の主人公。イェーガー『ジプシー・デンジャー』のパイロット。
怪獣との戦いで兄を亡くし、イェーガーに乗ることから遠ざかっていたが、スタッカー(司令官)に呼び戻され再び怪獣と戦うことを決意する。

ニュートン・ガイズラー

演:チャーリー・デイ

環太平洋防衛軍に所属する生物学者。全身に怪獣のタトゥーを入れるほどの怪獣オタク。

スタッカー・ペントコスト

演:イドリス・エルバ

環太平洋防衛軍 (怪獣と戦う軍隊) の司令官。元イェーガーのパイロット。
東京での戦闘で、放射能を大量に浴びてしまい癌を患う。劇中たびたび鼻血を出す。
マコのことを娘のように思い心配して、マコがイェーガーに乗ることを反対する。


映画『ゴーン・ガール』作品情報、あらすじ

あらすじ

結婚記念日の朝、ニック・ダンは妻のエイミーが失踪したことに気づく。
人気児童文学のモデルにもなったエイミーの失踪でメディアは過激化
彼がソシオパスであり妻を殺したと世間は考えるようになる。
夫妻は不況の影響で仕事を失い彼の地元である片田舎ーサジへ引っ越さなければならな
ニックは地元に残り、妻に出資させて妹とバーの経営し、地元の短大で講師を始める。
エイミーは、ニックが仕事と偽って出かけ、隠れて元教え子と浮気をしているのを見つけ、彼が自分と出会ったころと同じしぐさを浮気相手にしているのを見て怒る。
地元警察の女性刑事ロンダ・ボニーは取り調べで、ニックが妻の日常や妊娠を知らなかったこと、夫妻には金銭的問題や家庭内暴力があったこと、エイミーが銃を求めていたことを明らかにする。
証拠は全て彼に不利なもので、ニックは第一容疑者として逮捕される。
エイミーは実は生きており、殺されたように見せかけていたのはニックの浮気に対する復讐
不利な証拠となった彼女の日記はあらかじめ彼に疑いが向くように真偽織り交ぜて書かれたもの
床から拭かれた血、飛び散った血痕と壊れたコーヒーテーブルは、すべてエイミーが失踪当日に、ニックが彼女を殺害する際に争った跡に見せかけるために仕込んだものであった。
エイミーは婦ノエル・ホーソーン女の尿を盗み妊娠を偽装
エイミーは遠く離れたモーテルでナンシーと名乗り
彼で数年前に彼女が接近禁止令を出した裕福なデジー・コリングスに電話をかける。
エイミーはデジーにニックが殺そうとしたから逃げたと言う。
ニックはエイミーが彼を破滅させようとしていることに気づき、双子の妹マーゴに無実を訴える。
メディアのニックに対する反感が強まる中、兄妹は夫が妻を殺害したケースを専門とする弁護士タナー・ボルトを雇い、ニックの世間に対する印象を向上させようとする。
タナー弁護士とマーゴはニックは頭を抱えるが、ニックはトーク番組に出演するて完璧でなかったことを謝罪し、エイミーに家に帰ってきてほしいと
エイミーは逃走計画をの監視カメラを用いてデジーが彼女をレイプしたかのようトルを用いて自身の性器を傷つける。
翌日、エイミーはデジーを誘惑し性行為中にカッターで彼の首を掻っ切る。
彼女はテレビ局のスタッフが張り込んでいる家の前まで血塗れで戻り、記者にデジプされたと主張し、ニックの無実を訴える。
タナーには何もできなくなり、ボIは事件を解決済にする。盗聴されないようにシャワーでニックを裸にし、エイミーは殺人と復讐を認める。彼女は番組で見た妻の帰宅を嘆願する男こそ彼女が結婚した男であり、これからもそうであって欲しいと言う。ニックは妻と別れ、嘘を暴きたいと願う。テレビ番組でのインタビュー前にエイミーは精子バンクで溜めていたニックの精子を使い妊娠し
ニックは怒りのあまり壁に彼女の頭を打ち付けるが、子供に対して責任感マーゴず、ニッ生を共にすることを決め、夫妻は番組で子供を待ち望んでいると発表する。

登場人物

ニコラス(ニック)・ダン – ベン・アフレック
エイミー・エリオット・ダン – ロザムンド・パイク
デジー・コリングス – ニール・パトリック・ハリス
タナー・ボルト – タイラー・ペリー
マーゴ・ダン – キャリー・クーン
ロンダ・ボニー刑事 – キム・ディケンズ
ジェームズ・ギルピン巡査 – パトリック・フュジット
ノエル・ホーソーン – ケイシー・ウィルソン
エレン・アボット – ミッシー・パイル
シャロン・シーバー – セーラ・ウォード
アンディ・フィッツジェラルド – エミリー・ラタコウスキー
ショーナ・ケリー – キャスリーン・ローズ・パーキンス
メアリーベス・エリオット – リサ・ベインズ
ランド・エリオット – デヴィッド・クレノン
トミー・オハラ – スクート・マクネイリー
ジェフ – ボイド・ホルブルック
グレタ – ローラ・カーク
マーリーン・ダン – シド・ストリットマター
ビル・ダン – レオナルド・ケリー=ヤング

作品情報

タイトル:ゴーン・ガール
原題:GONE GIRL
製作年度:2014年
上映時間:149分
製作国:アメリカ
ジャンル:サスペンス、ドラマ
監督:デヴィッド・フィンチャー
製作総指揮:レスリー・ディクソン、ブルーナ・パパンドレア
原作:ギリアン・フリン
脚本:ギリアン・フリン
音楽:トレント・レズナー、アッティカス・ロス


映画『トランスフォーマー ロストエイジ』作品情報

あらすじ

中生代白亜紀末期、地球に謎の宇宙船団が出現。
それに乗っていた謎の兵器を使い恐竜たちを金属のようなものに作り変えて行き、やがて彼らを絶滅
約6500万年後の現代、北極では金属化した恐竜の化石が発見
元オートボット司令官センチネル・プライムとディセプティコン破壊大帝メガトロンが引き起こしたシカゴの惨劇から5年。
にオートボットの協力によって地球が守られた事実
オートボット否定派による迫害
オートボットたちは姿を消していた。
発明家ケイド・イェーガーは仕事で赴いた映画館の中で眠っていたトレーラートラックを見つけ、それを自宅に持ち帰る。
さっそくケイドはそのトラックを解体しようとした所、それがトランスフォーマーである事を知る。

登場人物

ケイド・イェーガー
演 – マーク・ウォールバーグ
テッサ・イェーガー
演 – ニコラ・ペルツ
シェーン・ダイソン
演 – ジャック・レイナー
ルーカス・フラナリー
演 – T・J・ミラー
ジョシュア・ジョイス
演 – スタンリー・トゥッチ
ハロルド・アティンジャー
演 – ケルシー・グラマー
ジェームズ・サヴォイ
演 – タイタス・ウェリヴァー
ギル・ウェンブリー
演 – ジェームズ・バックマン
ダーシー・トリル
オートボット / Autobots
オプティマス・プライム / Optimus Prime
バンブルビー / Bumblebee
ラチェット / Ratchet
ハウンド / Hound
クロスヘアーズ / Crosshairs
ドリフト / Drift
ブレインズ / Brains
センチネルプライム / Sentinel Prime
ディセプティコン / Decepticons
ガルバトロン(ガルヴァトロン) / Galvatron
スティンガー / Stinger
KSIボス / KSI Boss
トゥーヘッド / Two Head
インセクティコン / Insecticon
ロックダウン / Lockdown
スチールジョー / Steeljaw
ダイナボット / Dinobots
グリムロック / Grimlock
スコーン / Scorn
スラッグ / Slug
ストレイフ / Strafe
スラッシュ / Slash
スナール / Snarl
スロッグ / Slog

作品情報

タイトル:トランスフォーマー/ロストエイジ

原題:TRANSFORMERS: AGE OF EXTINCTION

製作年度:2014年

上映時間:165分

製作国:アメリカ

ジャンル:SF、アクション

監督:マイケル・ベイ

製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、マイケル・ベイ、ブライアン・ゴールドナー、マ

ーク・ヴァーラディアン

脚本:アーレン・クルーガー

音楽:スティーヴ・ジャブロンスキー


映画『ラ・ラ・ランド』作品情報、あらすじ

あらすじ

オープニング・ナンバー “Another Day of Sun” が始まる
ミア(演:エマ・ストーン)は女優の卵で、、セブ(演:ライアン・ゴズリング)に煽られて悪態をつく。
ミアは「ジャズが嫌いだ」と話し、セブは本物のジャズを教えるとクラブへ連れて行く
トラブルから上映は途中で終わるが、その後ふたりは映画のロケ地にもなったグリフィス天文台を訪れてワルツを踊り、ふたりの交際が始まる
セブはジャズピアニストで、歴史ある店が売れないジャズを諦める現状を嘆き、古き良きジャズを愛でる自分の店を開く夢を持つ
オーディションに落ちたミアは、ルームメイトのトレイシー(演:キャリー・ヘルナンデス(英語版))・アレクシス(演:ジェシカ・ロース)・ケイトリン(演:ソノヤ・ミズノ)に誘われ、クリスマス・パーティに参加する
、バンドでa-haの『テイク・オン・ミー』を演奏するセブを見つけ、フロック・オブ・シーガルズの “I Ran (So Far Away)(英語版)”をリクエストする
音楽 (“Mia & Sebastian’s Theme”) に惹かれてレストランへ入る。
音の主は高速道路で煽ってきたセブで、ミアは曲に惚れ込んで声を掛けようとするが、契約通りの曲を弾かなかったことで解雇されたセブは、彼女を邪険に扱って店を出る。
ミアの車を探して坂にさしかかったふたりは、夕焼けの美しさを前に、恋が始まりそうなふたりならどんなにロマンチックか語り合う (“A Lovely Night”)
姉ローラ(演:ローズマリー・デウィット)にも身を固めるよう諭される
彼女はボーイフレンドに別れを告げ、セブの待つ映画館へ向かう。
セブと一緒にパーティ会場を離れるが、近くには自分と同じプリウスが大量に駐車されていて自分の車を見つけられない。
カフェ店員として働きつつ夢を追うミアだが、オーディションの結果は散々
ふたりの約束の日、ミアはボーイフレンドとの先約を忘れていた。
食事の最中に彼女の耳に聞こえてきたのはBGMとして流れていた”Mia & Sebastian’s Theme”。

受賞歴

アカデミー賞 第89回(2016年)
主演女優賞
監督賞
撮影賞
作曲賞
歌曲賞
美術賞
ヴェネチア国際映画祭 第73回(2016年)
女優賞
NY批評家協会賞 第82回(2016年)
作品賞
LA批評家協会賞 第42回(2016年)
音楽賞
ゴールデン・グローブ 第74回(2016年)
作品賞(コメディ/ミュージカル)
男優賞(コメディ/ミュージカル)
女優賞(コメディ/ミュージカル)
監督賞
脚本賞
音楽賞
歌曲賞

作品情報

タイトル:ラ・ラ・ランド
原題:LA LA LAND
製作年度:2016年
上映時間:128分
製作国:アメリカ
ジャンル:ロマンス、ミュージカル
監督:デイミアン・チャゼル
製作総指揮:マイケル・ビューグ
脚本:デイミアン・チャゼル
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ


映画『ハッピーフライト』あらすじ、作品情報

あらすじ

副操縦士、鈴木和博は、羽田発ホノルル行き1980便(ANA・ボーイング747-400)でOJT最終日となる乗務の準備
指導教官、原田典嘉と乗務をすることになってしまう。
ホノルルまでは概ね悪天に見舞われない予報
新人CAの斎藤悦子は搭乗前ブリーフィングに遅刻し山崎麗子に怒られてしまう。
木村菜採は、退職を申し出ているにもかかわらず上司に拒否され続け、後輩の吉田美樹の教育にも手を焼いていた。
彼女は中堅CAの田中真里とトラブル
空港ではOCCやドックで社会科見学の小学生を受け入れていたが、OCC責任者の高橋昌治らはその対応
滑走路に鳥が集っているのを見た管制官はバードパトロールに駆除を要請するが、雑誌記者と偽って接触してきた愛鳥連盟の人間により妨害され、駆除に使用する銃が空砲であることを説明している間に離陸中の1980便は鳥の群れへ突入してしまう。
荷物を戻してもらった男性はその勇姿に感激し、菜採に「上のレストランで会いましょう」と名刺を渡す。
悦子はCAに憧れる修学旅行の女子高生から羨望の眼差しを受けるが、雑誌と間違えて絵本を持ってきたり飲み物を間違えるなどのトラブルを連発した挙げ句、乗り物酔いした客に吐瀉物を制服のスカートにぶちまけられてしまい、麗子からキャビンに出なくてもよいと命じられてしまう。
しかし、機内食のデザートが提供できなくなると、麗子は悦子の料理の腕を見込み、機内に残っていた食材で代替のレシピを考えさせる。
この計らいは見事成功し、悦子も自信を取り戻す。

 

キャスト

鈴木 和博
演 – 田辺誠一

原田 典嘉
演 – 時任三郎

望月 貞男
演 – 小日向文世

斎藤 悦子
演 – 綾瀬はるか

山崎 麗子
演 – 寺島しのぶ

田中 真里
演 – 吹石一恵

小畑 果歩
演 – 佐藤めぐみ

高田 郁美
演 – 入山法子

林原 奈々
演 – 高松いく

武井 亜弥
演 – 坂井三恵

内藤 紗英
演 – 長谷部瞳

小林 恵美
演 – 華城季帆

阿部 靖子
演 – 野沢和香

片桐 友加
演 – 海老瀬はな

安田 明美
演 – 巽よしこ

池谷 未帆
演 – 美帆

立花 晴美
演 – 松田珠希

水谷 久枝
演 – 濱崎茜

松本 香織
演 – 伊藤久美子

真田 貴子
演 – 神崎詩織

木村 菜採
演 – 田畑智子

吉田 美樹
演 – 平岩紙

森田 亮二
演 – 田山涼成

横井 正子
演 – 林田麻里

高橋 昌治
演 – 岸部一徳

中島 詩織
演 – 肘井美佳

吉川 雅司
演 – 中村靖日

小泉 賢吾
演 – 田中哲司

中村 弘樹
演 – 森岡龍

竹内 和代
演 – 宮田早苗

渡辺 忠良
演 – 長谷川朝晴

宮本 理英
演 – いとうあいこ

水野 頼子
演 – 江口のりこ

管制官
演 – 竹井亮介

丸山 重文
演 – 笹野高史

清水 利郎
演 – 菅原大吉

岡本 福男
演 – 正名僕蔵

岡本 幸子
演 – 藤本静

乗客
演 – 竹中直人

上原 和人
演 – 川村亮介

修学旅行生。
女子高生
演 – 中村映里子

太田 孝三
演 – 日下部そう

馬場 光輝
演 – ベンガル

斉藤 直輔
演 – 柄本明

斉藤 利江
演 – 木野花

今井 一志
演 – 森下能幸

団員
演 – 明星真由美

飛行機研究会のメンバー
演 – 石井智也、永野宗典、三浦圭祐

作品情報

タイトル
ハッピーフライト
製作年度
2008年
上映時間
103分
製作国
日本
ジャンル
ドラマ
青春
コメディ
監督
矢口史靖
脚本
矢口史靖
音楽
ミッキー吉野


映画『ミュージアム』あらすじ、作品情報

映画『ミュージアム』は小栗旬くん主演のサイコサスペンスです。
殺人鬼カエル男が猟奇的殺人を繰り返していき、小栗くん演じる沢村に魔の手が伸びて…というストーリーです。

作品情報

あらすじです。

現場に謎のメモが残される猟奇殺人事件が矢継ぎ早に発生するが、その事件は雨が降る日のみ起こっていた。一連の事件の関連性を察知した沢村久志刑事(小栗旬)は、自分の妻子が狙われていることを知る。やがて、カエルのマスクをかぶったカエル男の存在が浮かび上がり、犯人に近づいていく沢村だったが、カエル男の仕組んだわなにはめられ窮地に陥り……。

映画『ミュージアム』見どころ

映画『ミュージアム』は大人気漫画の実写化です。
漫画でもそのグロい表現が話題になりましたが、それを実写化するとなるとグロいところが怖い…けど楽しみですね。
映画の中でいくつかカエル男による殺人が行われるんですけど、すべて変なタイトルが付けられるんです。
例えば『ドッグフードの刑』とか『母の痛みを知りましょうの刑』とか『均等の愛の刑』とか『ずっと美しくの刑』など。
それぞれに殺し方が違っていて、名前にちなんだ方法で殺害されています。
それがもうグロくてグロくて、まさにホラーでした。
小栗くんのアクションがカッコよかったです。
小栗くん演じる沢村は家族をカエル男に誘拐されて、必死でカエル男を探すんですけど、カエル男も沢村の前によくよく現れて挑発します。
車でカーチェイスしたり、町中の人混みの中で追いかけっこしたりして、小栗くんは汗だくのボロボロです。
ラストの方では、もう精神的に追い詰められてしまい、沢村は気が狂いそうになります。
それを演じる小栗くんの迫真の演技は見ものでしたね。

まとめ

サイコサスペンス、さらにホラーも追加した、超グロい作品なので、苦手って人もいるかもしれません。
ストーリーはよく出来ていて、2時間があっという間でした。すっごい引き込まれます。
グロいですが映像も綺麗で、しっかり作り込んでいるのが伝わってきます。
なかなかに素晴らしい作品ではないでしょうか。