アニメ『メイドインアビス』あらすじ・感想

あらすじ

隅々まで探索されつくした世界に、唯一残された秘境の大穴『アビス』。
どこまで続くともしれない深く巨大なその縦穴には、奇妙奇怪な生物たちが生息し、今の人類では作りえない貴重な遺物が眠っている。
「アビス」の不可思議に満ちた姿は人々を魅了し、冒険へと駆り立てた。
そうして幾度も大穴に挑戦する冒険家たちは、次第に『探窟家』と呼ばれるようになっていった。
アビスの縁に築かれた街『オース』に暮らす孤児のリコは、いつか母のような偉大な探窟家になり、アビスの謎を解き明かすことを夢見ていた。
そんなある日、リコはアビスを探窟中に、少年の姿をしたロボットを拾い…?

登場人物

リコ

声-富田美憂

物語の主人公。赤笛(探窟家見習い)。
伝説の探窟家ライザの娘。
ライザがアビス深層でリコを産んだ時、リコは死産だった。しかし、そのリコを遺物『呪い除けの籠』に入れてライザとオーゼンが地上まで運んでいる途中にリコは息を吹き返し命を取り戻し、現在にいたる。

レグ

声-伊瀬茉莉也

アビスの深層からやってきたロボットの少年。
リコが探窟中にベニクチナワ(アビスに住む獣)に襲われた時、火葬砲(かそうほう)でベニクチナワを退ける。
レグは火葬砲を撃った後、2時間ほど昏睡する。リコを助けた時も昏睡してしまい、そこをリコに発見されて孤児院へと連れて帰られる。

ナナチ

声-井澤詩織

リコとレグが深界四層で出会った『成れ果て(アビスの呪いで人間ではないものになること)』。
元は地上に住んでいた浮浪児だったが、ある白笛の誘いに乗って多くの子どもたちと一緒にアビスの深層までについていき、人体実験のモルモットにされた。

ライザ

声-坂本真綾

リコの母親。白笛。
『殲滅卿』『殲滅のライザ』の異名を持つ。
10年前に絶界行き(深界六層より下へ降りること)を行い、消息不明となる。

オーゼン

声-大原さやか

ライザの師匠。白笛。
『不動卿』『動かざるオーゼン』の異名を持つ。
外見は若々しい女性だが、50年以上も白笛を続けていることから、かなりの高齢と思われる。
監視基地にやってきたリコとレグを、深界で生き抜けるようするため厳しく鍛える。

マルルク

声-豊崎愛生

オーゼンの元、監視基地で見張りをしている少年。
探窟中、事故に会って行き倒れていたところをオーゼンに助けられ、以降弟子となって一緒に暮す。
同い年くらいのリコとレグにも敬語を使うなど礼儀正しい性格。

各話紹介

第1話 大穴の街
第2話 復活祭
第3話 出発
第4話 アビスの淵
第5話 火葬砲
第6話 監視基地シーカーキャンプ
第7話 不動卿
第8話 生存訓練
第9話 大断層
第10話 毒と呪い
第11話 ナナチ
第12話 呪いの正体
第13話 挑む者たち

おすすめサイト

TVアニメ「Fairy gone フェアリーゴーン」公式サイト

AB夫(えびお)のシコウサクゴ

テレビアニメ「真夜中のオカルト公務員」公式サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする